2018年12月12日

【高卒程度公務員】教養試験で合格のカギを握る科目とは?


皆さんこんにちは 
福岡校の関口です。

今回はこれから公務員試験の学習を始められる方のために、教養試験(国家公務員試験では、基礎能力試験)についてお話しします

一般的に教養試験とは、40〜60問の問題(多肢選択式)60〜150分で解く学力試験です。
教養試験は、大半の公務員試験の一次試験で課され、一次試験の合否を決定づけるほど大きなウエートを占めているため、合格のためには、教養試験の攻略が不可欠となります

教養試験の問題は、高校までに履修してきた社会や国語、理科などからなる一般知識分野と文章理解という長文読解、公務員試験独特の判断推理(国家公務員試験では、課題処理)や数的推理(国家公務員試験では、数的処理)などを含む一般知能分野から構成されています。
下の表を見てわかるように、試験によって異なりますが、教養試験の総出題科目は20科目にもわたります
syoblog181212-1.jpg

科目数が多すぎて、どう勉強すればよいか困りますよね😞😞😞💦
しかし、科目ごとの出題数を見ると、試験により偏りがあり、その中でも合わせて5〜9題出題されている「政治・経済・社会」や、4〜5題出題されている「数的推理」「判断推理」が、出題数の多い重要科目と言えます。
また、「政治・経済・社会」「数的推理」「判断推理」重要科目と言える理由は他にもあります。
syoblog181212-2.jpg

教養試験の各科目は中学・高校の学習内容から出題されます。
上の表にあるように、特に「政治・経済・社会」は単位数(時間数)の少ない科目であり、「数的推理」「判断推理」は高校で習わない科目です。つまり、これらの科目を得点源にできるかどうかがカギとなります


そこで、東京アカデミーでは、高校の学習指導要領(各科目の学習時間数等)を踏まえたカリキュラムで合格へ導きます(「政治・経済・社会」入門ゼミから実施し、「数的推理」「判断推理」・「空間把握」・「資料解釈」は講義時間数の37%を割いて指導します

また、東京アカデミーの高い合格実績を支えるのは講義力にあります。下記@〜Cの過程を経ているからこそできる高い合格実績であり、専門予備校の使命である受講生を合格に導くための条件でもあります。これは東京アカデミーでしかできないことだと自信をもって言えます。

@全国32校一斉に聞き取り調査による非公開問題の再現
地方初級500問中419問再現(過去6年間 再現率83.8%
A全国32校の情報を集約し試験研究部にて試験傾向を徹底分析
B全国32校の講師会にてAの情報や地方独自の傾向を分析して講義方針を決定
C使用教材(オープンセサミ)や全国模試はA及びBの情報を基に作成

試験情報・教材及び模試・ベテラン講師陣が三位一体となった「講義力」は、2018年度教養試験の再現問題を分析することによって2019年度は更に強化し、多くの受講生の方を合格に導いていきます

福岡校では、通学講座1月生日(日)に開講いたします
教養試験の重要科目をマスターするためにも、いち早く学習を始めてみませんか?
講座の詳細については、下記HPよりご確認いただけます😃

◇福岡校HPはこちら
講座や試験に関するご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にお問合せください
お電話もしくは個別説明会(要予約)で対応いたします。個別説明会へ参加希望の方も事前にご予約をお願いいたします。

◆資料請求はこちら
お気軽にご請求ください。


福岡校☎097-536-7588
フリーコール ☎0120-220-731

東京アカデミー福岡校
公務員担当:関口
posted by 東京アカデミー福岡校 at 10:31| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

【大卒程度公務員】合格者チューターTの応援体験記&新大学3年生コースのご案内


みなさん、こんにちは

チューターのTです!

今日は、自分なりの1日の過ごし方について書こうと思います


私の1日の過ごし方は、まず勉強のウォーミングアップからでした

前日の復習を行い、頭が働いてきたら知能や、

文章理解の問題を午前中に解いていました。

午後からは専門科目と教養科目を交互に取り組みました。

中には知能や暗記が得意だからということで、

1日にやる科目数を減らし

集中した勉強のスタイルの方もいるかもしれませんが、

科目数の多い公務員試験で

例えば「今日は憲法しかしない!」といった勉強は

不向きなのでおすすめはしません

また、「暗記系は直前にやればいいや」という

考えの人もいるかと思いますが、

時間がたつにつれてしなければならない科目が増えてくるので、

普段から蓄積させておくべきだと思います

ただ、暗記メインでするのではなく、

直前期以外は息抜きに暗記ノートなどを

移動時間に眺める程度で十分です。


1日の流れ(大学が休みの日)

600        起床

630730    前日の復習

730800    朝準備

800900    通学(暗記ノート・まるパスを眺める)

9001200   自習室(文章理解・知能の問題)

12001300   昼食

13001400   友人と問題の出し合い

14001840   教養・専門を繰り返し解く

18402110   授業or問題演習

21302230   帰宅(行きと同じ)

22302330   夕食や寝る準備

2330030    暗記物

030        就寝


上のスケジュールを見て驚くかもしれませんが、

これはあくまで理想の1日の過ごし方なので、

実際には帰宅してからはあまり勉強していませんでした(笑)

まずは自分の今の1日の過ごし方を

見直してみるとよいと思います

そして自分の理想の1日のスケジュールを立てて、

実行に移してください

最初のうちはきついですが2週間もすれば体も慣れてきます。

試験が近づくにつれて勉強時間を増やしていくと良いです。


私は、4ステップで分け、

ステップ1(8〜10月)16時間

ステップ2111月) 18時間

ステップ3(24月)110時間

ステップ4(5〜7月)110時間

の勉強量でした

勉強時間を増やす事は大変ですが、

時間管理のアプリなどを活用するといいと思います!

私は公務員試験の勉強法に正解はないと思っています。

ただ、勉強に費やした時間は裏切りません。

科目数に圧倒されずに

まずは、時間の確保を優先してみてはいかがでしょうか


お読み頂き、ありがとうございました




新大学3年生コースのご案内

講座期間:2019年5月20日〜2020年5月


行政コース教養コースから、

ご希望の職種にあったコースを受講できます!

例:全職種対応コース、福岡県市上級コース、警察官コースなど


そして・・・

大学3年生コースの早めの申し込みで、

「教養試験入門講座」が無料で受講可能です



新大学3年生コース以外はコチラ

ご不明点・ご質問などございましたら、お気軽にご相談下さい

posted by 東京アカデミー福岡校 at 20:03| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

【教員採用】教養試験対策(教育法規)

みなさん、こんにちは
12月に入り、もう7日たちました。12月と思えないほど暖かい日もありましたが、急に寒くなるのは勘弁してほしいです。

さて、今日のテーマは、教員採用1次試験で実施されます『教職教養』の教育法規です。
例年,条文の空欄補充問題や出典法規を問う問題が頻出です。
特に出題が多いのが,教育基本法,学校教育法第11 条,地方公務員法の服務,教育公務員特例法の研修などです。

(以下よく出題される重要条文です)
<教育基本法>
前文・第1 条〜第18 条の全条文

<学校教育法>
第1 条(学校の範囲),第3 条(学校設置基準),第11 条(児童生徒等の懲戒),第1 2 条(健康診断等),第16 条(義務教育年限),第19 条(就学の援助),第20 条(学齢児童生徒使用者の義務),第21 条(義務教育の目標),第3 4 条(教科用図書),第3 5 条(児童の出席停止),第3 7条(職員)

<学校教育法施行令>
第1 条(学齢簿の編製),第29 条(学期及び休業日)

<学校教育法施行規則>
第24 条(指導要録),第25 条(出席簿),第2 6 条(懲戒),第2 8 条(備付表簿,その保存期間),第60条(授業終始の時刻),第78条の2(部活動指導員)

<地方公務員法>
第28 条(分限処分),第29 条(懲戒処分),第3 0 条〜第3 8 条(服務),第39 条(研修)

<教育公務員特例法>
第1 7 条(兼職及び他の事業等の従事),第18 条(政治的行為の制限),第21 条(研修),第22 条(研修の機会),第2 3 条(初任者研修),第2 4条(中堅教諭等資質向上研修),第25 条(指導改善研修)

そのほか,食育基本法,学校給食法,社会教育法,著作権法,児童福祉法などからの出題もみられます。いずれも条文をしっかりと読み込んだ上で,問題を数多く解くことにより,知識の定着を図りましょう。


●最新過去問 2018年夏実施
【福岡県・福岡市・北九州市 教養試験】

次の(1)〜(4)の各文は、法律の条文の一部である。文中の( ア )〜( オ )に当てはまる語句の正しい組合せを選びなさい。
(1)職員は、条例の定めるところにより、服務の( ア )をしなければならない。【地方公務員法】

(2)職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、( イ )の職務上の命令に忠実に従わなければならない。【地方公務員法】

(3)教育公務員には、研修を受ける( ウ )が与えられなければならない。【教育公務員特例法】

(4)校長は、( エ )をつかさどり、所属職員を( オ )する。【学校教育法】

@ (ア)宣誓 (イ)上司 (ウ)権利 (エ)学校経営 (オ)監督

A (ア)宣誓 (イ)管理職 (ウ)権利 (エ)学校経営 (オ)管理

B (ア)宣誓 (イ)上司 (ウ)機会 (エ)校務 (オ)監督

C (ア)遵守 (イ)管理職 (ウ)機会 (エ)校務 (オ)監督

D (ア)遵守 (イ)上司 (ウ)機会 (エ)学校経営 (オ)管理

受験生の皆様、頑張ってください!

現在東京アカデミー福岡校では2019年の試験に向けた通学講座1月生を募集中です。面接試験や模擬授業などの人物試験対策も早期から行います。

個別説明会も随時実施しています!(要予約)受験相談などのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

東京アカデミー福岡校
TEL      092-716-5533
フリーコール 0120-220-731
(受付時間)
月〜土 9:00〜20:00
日・祝 9:00〜18:00
教員採用科 担当 石島・伊藤

posted by 東京アカデミー福岡校 at 10:00| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

【看護師国家試験対策】いよいよ開講!第108回国試対策 冬期講習!!

みなさんこんにちは

昨日まで12月と思えないほどの暖かさでしたね。福岡では夏日を記録したようで、そんななか私はコートにマフラーと厚着をしてしまい、帰宅時には荷物になってしまいました・・

しかし今週末からはぐんと気温が下がるようなので、体調管理には気をつけていきましょうね


さて、明後日12月8日からは、いよいよ冬期講習が開講いたします!!

そこで改めて、福岡校の冬期講習ラインナップをご紹介いたします


第108回 看護師国家試験対策冬期講習

A.全科目総合3日間コース

・A-福1(12/8,9,15)・A-福2(12/16,22,23)・A-福3(1/9,10,11)

全科目を関連付けて学習するコースです。人体・疾病・成人看護学を軸に、各分野を横断的に学習します。全科目の頻出事項を確認できる為、総まとめしたい方におすすめの講座です。


B.必修問題対策強化ゼミ

・B-福1(12/26)必修@ ・B-福2(12/27)必修A

・B-福3(12/26,27)必修@+A

・B-福4(1/22)必修@  ・B-福5(1/23)必修A

・B-福6(1/22,23)必修@+A

※「B-福1」「B-福3」は残席わずか※

出題傾向を分析+演習問題で8割得点を目指す、毎年人気のコースです。必修@コースでは、出題基準を11つ確認しながら頻出分野や出題の傾向を押さえていきます。必修Aコースでは、オリジナル問題100問を解き、実際に問題を解くことで実践力を身に付けていきます。


C.状況設定問題対策強化ゼミ

・C-福1(1/12)成人

・C-福2(1/13)小児・母性 

・C-福3(1/19)在宅・老年・精神

当社オリジナルの問題集で、事例問題を攻略するコースです。読解力が必要となる状況設定問題では、与えられた症例の中で正確な判断で解答を導けるよう解き方のコツを身に付けていきます!


D.予想問題演習ゼミ

・D-福1(1/25・26・27)・D-福2(2/1・2・3)

※「D-福1」は残席わずか※

本番形式の予行演習&解説講義です。実際の本試験レベルの問題にチャレンジし、理解度をチェックします。その後、解説講義で理解が不完全だった部分を深く定着させていきます。問題演習は本番さながら緊張感があるため、本番で焦らないためにもぜひこの講座で予行演習しましょう!


E.社会保障関連問題最終確認ゼミ

・E-福1(1/20)

近年増加傾向にあり、制度変更も多い社会保障関連問題を攻略する講座です。地域包括ケアシステムの位置づけの理解を深め、「国民衛生の動向」から統計の確認とともに関連法規の理解を徹底していきます。


F.人体・疾病 科目別強化ゼミ

・F-福1(1/4)人体の構造と機能

・F-福2(1/5) 疾病の成り立ちと回復の促進

正答率の低い科目である「人体」と「疾病」の強化ゼミです。問題演習と解説講義で、知識の定着を深め、弱点を克服し得点アップを目指します!


G.あと10点アップ講座

・G-福1(2/9,10)

出やすい点を確実に押さえて、あと10点の得点アップを目指す、福岡校オリジナルの講座です。成人看護学・小児,母性看護学・社会保障制度・災害看護学を重点的に、必ず押さえておきたい項目の確認を行います。理解の曖昧だった部分も必ず得点出来るようにしていきましょう。


H.試験前日講習「ザ・ファイナル」

・H-福2 (2/16午後 会場:福岡国際会議場)

・H-福4 (2/16午前 会場:東京アカデミー福岡校)

※「H福1(2/16午前 会場:福岡国際会議場)」は定員締切となりました※

試験前日の最終確認!本試験前日のこのタイミングでも得点アップにつながる、全科目から抽出した頻出項目・重要項目の再確認を行います。


冬期講習はまもなくスタートいたしますが、開講前の講座はまだまだお申込み受付中です

ご好評につき、定員締切や残席わずかの講座もございますので、受講をお考えの方はお早めにご検討頂き、お申込ください。


なお、講座の詳しいご案内、申込方法等はこちらのページからご確認頂くか、資料をご請求下さい。


皆様の看護師国家試験合格を東京アカデミー福岡校は全力でサポート致します!

ご質問などございましたら、お気軽にお問合せ下さい

東京アカデミー福岡校 緒方

posted by 東京アカデミー福岡校 at 18:00| 看護師国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

【高卒程度公務員】本試験分析から見る教養試験対策のポイント〜一般知識編〜


皆さんこんにちは

早いもので今年もクリスマスの季節が近づいてきました先日、友人と博多駅のイルミネーションを見に行ったのですが、あのキラキラした雰囲気の中にいると気持ちが明るく楽しくなってきますね😃福岡校の近くにもクリスマスマーケットがあるので、今度機会があれば行ってみようと思います


さて、前回の記事では東京アカデミーの2018年度本試験分析を踏まえた教養試験対策のポイント<一般知能編>をお伝えしていました。今回は一般知識編をお伝えしたいと思いますこれから公務員試験対策を始める方は、前回の記事と併せてぜひ参考にしてください


【参考:2018年度地方初級(9月23日実施試験)出題内訳】

No.

科 目

出 題 内 容

1

一般知識分野

政 治

日本の選挙の諸権利について

2

日本の法形式について

3

国連について

4

経 済

市場の独占化と寡占化について

5

国債について

6

社 会

日本の女性について

7

生命科学の発展による問題について

8

地 理

海岸の地形について

9

キリスト教について

10

南アメリカについて

11

日本史

室町時代について

12

第二次世界大戦後の日本の内閣について

13

世界史

18世紀、19世紀のアメリカ合衆国について

14

第二次世界大戦から1970年代のアジア、アフリカ、ラテンアメリカについて

15

芸 術

19世紀の作曲家について

16

国 語

漢字 (下線部の漢字の使い方で正しいものを答える問題)

17

故事成語 (意味が正しいものを答える問題)

18

助詞について

19

数 学

絶対値記号について

20

物 理

音波について

21

化 学

化学反応式について

22

空気について(窒素、酸素、二酸化炭素、アルゴンの説明)

23

生 物

細胞分裂について(減数分裂はどこで起こるのか等)

24

ゾウリムシとインフルエンザウイルスとスギ花粉の大きさの順(不等号)について

25

地 学

月について(月食が起こる際の月・太陽・地球の並びや、潮の満ち引き等の説明)

26

一般知能分野

文章理解

英文 人が決断する時に、主観的になってしまうのを避けるための対策について

27

英文 健康な人の血圧について

28

英文 イギリスの学生の制服について

29

古文 源俊頼「俊頼髄脳」 貫之が馬に乗りて、和泉の国におはしますなる…

30

現代文 世界共通言語をつくることは可能か

31

現代文 他人の心について

32

現代文 最適化について

33

現代文 グローバル化と歴史について

34

現代文 新生児微笑について

35

判断 推理

体育授業の種目において選択制をとっている。確実にいえることはどれか。

36

英語,国語,数学の点数の大小関係で確実にいえることはどれか。

37

9つの席にAF6人が座るとき、確実にいえることはどれか。

38

4種類のタオルをAF6人が好きな色を2つずつ選ぶとき、確実にいえることはどれか。

39

プログラムされた数字を移動させていったときに元の位置に戻るには何回繰り返せばよいか。

40

空間 把握

図形を移動させたときの点Pの軌跡

41

三角形が重なった部分の図形

42

円柱に最短距離でひもを2周巻き、それに沿って切断したときにできる図形

43

27個の小立方体を積み上げた立方体があり、点ABCを通る平面でこの立方体を切断すると、小立方体は何個切断されるか。

44

数的

推理

1から100までの自然数で,3で割れて7で割れない数は何個か。

45

自然数(自然数abcdeで奇数は何個か)

46

200g480円の紅茶A150g240円の紅茶B20袋買い、重さを3.6kg以上、7,800円以下で買うときのAの数はどれか。

47

平均時速3.6kmで通学しているA君がいつもより5分遅れたため平均時速4.2kmで通学し,いつもと同じ時刻に小学校に着いたとき,A君の家から小学校までの距離は何km

48

ネジをABC3つの機械を使って作るときの時間の問題

49

資料 解釈

2016年の貿易額の表の問題

50

平成27年と平成28年の一般旅券の月別申請件数の折れ線グラフに関する問題

(※こちらの出題内訳は、実際に試験を受けた受講生の皆様にご協力頂いた聞き取り調査により判明したものです。地方初級の試験問題は原則非公表で実施されていますが、東京アカデミーでは毎年全国の受講生の皆様へ精密な聞き取り調査を行い、地方初級等非公表問題の内訳・試験問題を再現しています!)


ここで2018年度地方初級(923日実施試験)出題内訳を見て頂くと、一般知識の科目として出題されているのは、社会科学(政治・経済・社会)・人文科学(地理・日本史・世界史)・芸術・国語・自然科学(数学・物理・化学・生物・地学)です


一見とても多いように思いますが、それぞれの出題数を見ていくと

〇社会科学【政治(3)・経済(2)・社会(2)

〇人文科学【地理(3)・日本史(2)・世界史(2)

〇芸術(1)・国語(3)

〇自然科学【数学(1)・物理(1)・化学(2)・生物(2)・地学(1)

となっており、一般知識のなかでは社会科学人文科学がより重要な科目だということがわかりますではここで、2018年度東京アカデミーの本試験分析(社会化学・人文科学)をみていきましょう


〇社会科学:政治

政治について全体的にいえることは、問題の難易度はさほど高くなく、基本的事項が多く問われるということである。そのため、参考書の内容をまとめたり、過去問を解いたりすることを通して、各分野の基礎的な知識を確実に身に付けておくことが得点できる鍵となるだろう。各試験の傾向としては、国家一般職については「憲法」からの出題が多く、裁判所職員については出題の偏りが少ないことがあげられる。また、警視庁については毎年4問と比較的出題数が多く、他試験ではあまりみられない分野からの出題もみられる。分野別にいうと、「憲法」では、「国会」「内閣」「裁判所」に関する問題が出題されやすいため、これらに関する基本事項及び主要条文・判例をしっかり頭に入れておく必要がある。特に警視庁では、4年連続で「国会」に関する問題が出題されている。警視庁志望者はまず「国会」について要点を押さえておくことが重要である。「政治学」では、国家一般職志望者は特に主要国の政治制度の把握に努めてほしい。また、時事的な内容が問題に反映されるケースもあるため、日頃から新聞等をよく読んで、この科目に関する動向及び関連する知識を整理しておこう。


〇社会科学:経済

経済は全体的に多くの分野からバランスよく出題されている。その中でも比較的出題されやすいのは「マクロ経済学説」と「企業・経営」である。ただし、国家一般職は総合的な問題が多いため、各分野について体系的に学ぶことが求められる。問題のレベルは基本的なものが多い。また、時事問題に関連した出題(例:デフレーション→物価水準問題、失業問題→日本の就業構造など)や経済用語の問題もみられる。日頃から新聞・ニュース等で取り上げられる経済問題には注意を払っておくことも重要な試験対策であるといえよう。


〇社会科学:社会・時事

社会は、出題される範囲が広く、傾向がつかみにくい科目といえる。さらに、試験によって出題傾向も異なっている。裁判所職員と警視庁では時事問題が多くみられる。特に裁判所職員では前年に起きた出来事について、警視庁ではその年に起きた出来事や、発表された事柄についての問題が出題されやすい。対策としては日頃から新聞等をよく読むようにしよう。これに対して国家一般職の問題では、時事的要素は少々薄くなる。分野別にいうと、「社会事情」は、社会常識や時事性の強い社会問題に関する出題が多い。どのような分野から出題されても対応できるように、基本的な事項を幅広く押さえておくことが必要といえる。


〇人文科学:日本史

裁判所職員と警視庁では毎年2問出題されている。国家一般職では、毎年1問のみの出題だが、平成28年度は2問出題された。試験によって出題傾向が異なり、国家一般職は「近・現代史」からの出題が多く、裁判所職員と警視庁はそれぞれの分野から万遍なく出題されている。なお、裁判所職員は「明治時代」からほぼ毎年1問出題されているため、特に明治時代についてはしっかりと押さえておくとよい。日本史は、科目の特性からポイントを絞らないと多くの事項を暗記しなければならないことになる。したがって、主な出来事に注目し、その要因と結果を、順を追って整理し、効率よく要点をまとめていくことが大切となる。また、「テーマ史(通史)」という形の出題においては、単なる知識の有無だけでなく、ある主題が全時代的に問われるため、複合的でより深い知識が必要となる。ひとつの事柄について、その内容と移りかわりを理解しておく必要がある。出題が多い時代や内容を中心に、効率的に学習を進めよう。


〇人文科学:世界史

各試験において毎年2問出題され、分野のなかでは「中世史」「近世史」「近代史」の出題が多く、そのなかでも「西洋史」から特に多く出題されている。また、試験ごとにみると裁判所職員と警視庁はそれぞれの分野からほぼ万遍なく出題されているが、国家一般職は「近世史」「近代史」「現代史」からの出題が多い。世界史は膨大な内容が出題範囲となるため、日本史同様ポイントを絞った学習が必要となる。したがって、戦争や反乱、革命、会議、条約など大きな出来事を中心に歴史の流れや動きをまずはつかんでおきたい。また、あるテーマについて全時代的に問う「テーマ史(通史)」への対策としては、大きな出来事に注目しながら全体的な歴史の流れをつかみ、その上で「政治史」「文化史」といったテーマごとに内容を整理しておくことである。ある時期に各地でどのような事件が起きていたかといった「同時代史」についても出題される場合があるため、時代の流れとともに各国の動きにも目を向けて整理しておこう。


〇人文科学:地理

平成28年度の国家一般職と警視庁を除き、各試験において毎年2問出題されている。いずれの試験も、それぞれの分野から万遍なく出題されているため、まずは基本的な内容を確実に押さえ、日頃から地図帳等で確認しながら丁寧に学習しておくことが大切である。統計資料を利用した問題が出題されるのも地理の特徴である。『日本国勢図会』『世界国勢図会』等で、農産物・エネルギー資源・鉱物・工業製品の最新の主要生産国や輸出国等を押さえておこう。地理は、政治・経済・社会と関連のある科目でもある。他科目の関連のある箇所を学習する際に併せて復習や確認を行いながら効率的に学習していこう。また、時事性のある地域やテーマも出題される場合があるため、日頃から新聞・ニュース等をチェックしておくとよい。


東京アカデミーでは、上記のように各試験傾向をじっくりと分析したうえで通学部の講座を設計しておりますので、より効率的に学習することができます!

詳細は 福岡校HP をご確認ください


また、1216()23()に無料イベント・冬期講習を実施します

詳細は こちら をご確認ください

皆様のご参加をお待ちしております


各講座等に関するご質問・ご相談には、電話もしくは個別説明会(要予約)で対応いたします。

個別説明会へ参加希望の方も事前にご予約をお願いいたします。


◆資料請求はこちら

お気軽にご請求ください


福岡校☎092-716-5533 / FAX092-716-5539

フリーコール☎0120-220-731


東京アカデミー福岡校

公務員担当:関口

posted by 東京アカデミー福岡校 at 10:00| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする