2019年05月31日

【教員採用】福岡県集団討論について(2回目)

みなさんこんにちは!

5月も最終日となりました。

大型連休がなつかしいです。

さて、あと1か月半後に迫りました教員採用試験ですが、

福岡県では1次試験で集団討論が行われます。

集団討論は4月26日のブログでもご紹介しました。

本日は第2回目となります。

昨年はどのようなテーマで行われたか?

(2018年夏実施のテーマ)※一部紹介

◆小学校・中学校

・子どもの学ぶ意欲や自尊感情,向上心やチャレンジ精神など子どもが自律的に成長するための原動力となる人格的資質を育成する指導方法として,福岡県では「鍛ほめ福岡メソッド」による指導方法を展開しています。この「鍛ほめ福岡メソッド」について,全員で討論しなさい。

・新学習指導要領(平成29 年3 月告示)では,「どのように学ぶか」という視点からの「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が求められています。このことについて全員で討論しなさい。

◆高校

・平成30 年度福岡県教育施策実施計画では,いじめ・不登校総合対策事業を,重点的に取り組む事業の一つとしており,「楽しく学べる学校づくりを推進するため,教育相談体制の整備・充実及びスクールカウンセラー等の専門家や関係機関等との連携・協働により,いじめ・不登校の予防・解消を図ります」と述べています。いじめ・不登校の予防・解消の観点を踏まえ,「楽しく学べる学校」づくりのためにどのような取組が必要か討議しなさい。


福岡県の集団討論の新学習指導要領に関するテーマとして、小・中学校は移行期間である2018年には出題されました。高校では現行の学習指導要領からの出題でした。さて、今年の高校受験においては、新学習指導要領に関する内容は気を付けておきたいですね。

その他のテーマとしては、「英語力の向上に関する内容」、「道徳教育に関する内容」などでした。

前回のブログで、集団討論の評価の観点として@コミュニケーション能力、A協調性、B積極性、C態度、D表現力、E教養等があり、バランスも重要です・・・。とご紹介しましたが、よく問われる施策など、ある程度の知識は必要です。自信を持って参加できるかにも関わってきますし、人の話を聞く余裕もなくなります。それが態度面などの評価に影響するのはもったいないと思います。

残り1か月半、特に福岡県の施策、新学習指導要領に目を通すことはおすすめです。

それでは、みなさんラストスパート頑張ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは、東京アカデミー福岡校より直前講座のご案内です。


教職教養では、福岡県・福岡市の本試験問題を分析し、過去に出題されている傾向を踏まえた試験直前対策ゼミです。教員採用試験でこれだけはおさえとかなければならないという内容に絞り込み、福岡県、福岡市の対策に特化して講義を展開します。また、新しい教育時事にも触れます。「福岡県・福岡市の教育施策」、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)」など・・・2次試験にも役に立つ内容です。


福岡県で課せられる人物試験(集団討論)の直前対策ゼミです。一般選考試験の集団討論の講義を行います。この講座では、過去の出題例を参考にテーマに対しての考え方、討論での注意点、最低評価を取らないためのポイントについて学びます。


直前講座や教員採用試験に関するご質問などございましたらお気軽にお問合せください。

みなさんの受講を心よりお待ちしております。


フリーコール 0120-220-731

TEL(福岡校直通) 092-716-5533

東京アカデミー福岡校教員科 担当:石島・伊藤



posted by 東京アカデミー福岡校 at 09:10| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。