2019年06月07日

【教員採用試験】本試験まで残り1ヵ月!有効な学習方法をご紹介!

みなさんこんにちは


今年の教員採用試験まで、残り1ヵ月となりましたね

みなさん、勉強はいかがでしょうか。

本日は、追い込みとして、残り1ヵ月でできる勉強法をご紹介したいと思います。


本番を想定した問題演習

受験自治体の過去問題を繰り返し解いて慣れておくことが大事です。本番を想定し、時間配分を意識して問題に取り組みましょう。

また、試験直前のこの時期は、新しい参考書や問題集には手を広げないことをおすすめします。今まで勉強してきたことの総復習を行い、知識が抜けているところの再確認をしましょう。不得意な分野がある場合は、集中的に問題を解いて、試験前に自信をつけておきたいですね。

 優先度の高いものを確実におさえる

時間が豊富にあるわけではないので、優先度の高いものを再確認し、確実に自分のものにしましょう。優先度の高いものとは「毎年出題されており、今年もまた出題される可能性が高いところ」です。また、「改定された教育制度や法規、新たに出された通知文書等」は、よく読み込んでおきましょう。筆記試験対策だけではなく人物試験対策にも繋がります。個人面接等で改定された制度や通知文書等を交え回答することによって、リアリティが湧く回答に一転します。

人物試験まで見据えた筆記試験対策

例えば、「生徒指導提要」は筆記試験でも出題が見られますが、面接試験でも、具体的な指導法、対応力を問う質問があり、学校・教員向けの生徒指導の基本書である「生徒指導提要」に基づいた正確な知識が必要となります。人物試験まで意識して勉強することで、表面的な暗記ではなく、深い理解につながります。また、筆記試験から人物試験まであまり時間がない中で、人物試験にも余裕をもって臨めます。

人物試験対策も怠らない

筆記試験直前期になると人物試験の対策を後回しにしがちです。しかし、特に「論述、論文」は、対策をしていない時期があるとすぐに力が落ちてしまいます。せっかくこれまで積み重ねてきた力が振り出しに戻ってしまうと、人物試験の直前で焦ることになるので、筆記試験対策の合間に、人物対策にも取り組むようにしたいですね。


試験が近づいてきたら、試験本番に向け、生活リズムを整えていくことも大事です。この時期は、まだ日中と夜間で温度差があり体調を崩しやすいので、体調にも十分気を付けてくださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは、東京アカデミー福岡校より直前講座のご案内です。


@福岡県・福岡市 教職教養直前対策

教育法規 6月15日(土)13:30〜18:20


教職教養では、福岡県・福岡市の本試験問題を分析し、過去に出題されている傾向を踏まえた試験直前対策ゼミです。教員採用試験でこれだけはおさえとかなければならないという内容に絞り込み、福岡県、福岡市の対策に特化して講義を展開します。


A福岡県 集団討論直前対策

小・中学校対象 6月22日(土)13:30〜16:40

高校対象 6月29日(土)13:30〜16:40


福岡県で課せられる人物試験(集団討論)の直前対策ゼミです。一般選考試験の集団討論の講義を行います。この講座では、過去の出題例を参考にテーマに対しての考え方、討論での注意点、最低評価を取らないためのポイントについて学びます。



直前講座や教員採用試験に関するご質問などございましたらお気軽にお問合せください。


みなさんの受講を心よりお待ちしております。


東京アカデミー福岡校HP


フリーコール 0120-220-731


TEL(福岡校直通) 092-716-5533


東京アカデミー福岡校教員科 担当:石島・伊藤



posted by 東京アカデミー福岡校 at 19:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。